モイライビジネス株式会社

補助金・助成金の違い

課題助成金・補助金
サービスIT導入補助金

中小企業に向けた様々な助成金・補助金の制度がありますが、活用できている企業は未だ少なく、結果損をしていることもあります。
今回は、助成金・補助金の活用についてご紹介します。

助成金・補助金は企業にとって、非常に魅力的なものですが、ごく一部の企業にしか利用されていないのが実態です。
その背景には助成金・補助金は「申請」ありきの制度なので、たとえ支給条件を満たしていても、申請をしなければ受給できないのが大きな理由です。
また、そもそも経営者の方が、助成金に対しての誤解をされている部分も多々あり、それゆえに助成金・補助金を申請していない場合も多いです。

今回は、助成金と補助金は一体何が違うのでしょうか。

助成金は「ひと」がらみで支給される

まず助成金ですが、〇〇助成金など後ろに「助成金」と名前のつくものは、基本的に人的投資に対してお金が支給されるものを指します。
例えば、採用で言えば障害者や高齢者を雇用したり、社員の福利厚生制度を会社に導入する、といったものが当てはまります。

税金からお金もらうのは気が引けるという方も稀にいらっしゃいますが、助成金の管轄は厚生労働省で、財源は雇用保険ですので、雇用保険を払っている事業者なら何も気にする必要はありません。
自分たちで支払ったお金を使っているだけなので、逆に使わないと損をしています。

申請時に就業規則・出勤簿・賃金台帳を提出するケースが多いのですが、基本的には事前書類と申請書類が正しければ、ほぼ支給されるのが助成金の特徴です。

補助金は「こと」がらみで支給される

次は補助金についてですが、〇〇補助金など、後ろに「補助金」と名前のつくものは、「こと」つまり、事業活動に対してお金が支給されるものを指します。
例えば、ITツールを新規導入をする、広告宣伝活動の場を広げるといった場合に、補助金の利用が検討できます。

助成金の管轄は厚生労働省でしたが、補助金の管轄は経済産業庁であり、商工会議所が窓口です。
商工会に加入していると、お知らせが送られたり、申請書の書き方を教えるセミナーが開かれたりすることもあります。

補助金は採択されるかどうかわからないので、手続きをしたとしても、必ず支給されるとは限らないというところがポイントです。

助成金と補助金の注意点

助成金、補助金のいずれも便利な制度ですが、注意しなければならないのは、助成金と補助金の受け取りは、どちらも企業や申請者が支払った後になるということです。
雇用のための賃金支払い前、設備などの購入前に補助金のお金を充てることが、できません。
「いったん払ってから請求する」という事実を忘れてはいけません。
あくまでも自己資金で先に支払った後に、助成金や補助金が支給されますので、いったん支払いが発生しますので、その資金を確保しておかないといけないのです。
ついつい忘れがちなことですので、ご注意ください。


モイライビジネス では、質問事項にお答えいただくだけで、専門知識を必要とすることなく最適な補助金・助成金を診断するキャンペーンを実施中です。
詳細はこちら

IT導入補助金について詳細をみる

M2proブランドサイトをみる